新着情報

2018年版「小規模企業白書」に会員事業者の事例が掲載!

中小企業庁が本日(4/20)公表した「2018年版小規模企業白書

河辺雄和商工会会員「株式会社蔵吉フーズ」の事例が掲載されました。

「小規模企業白書」には小規模事業者の動向や生産性向上に取り組む

小規模事業者の事例が豊富に紹介されています。

株式会社蔵吉フーズの事例は「複数の支援機関のサポートを受け、M&Aにより個人事業と法人を統合させた事例」として169~170ページ(第2部、第4章)に掲載されています。

 株式会社蔵吉フーズ掲載ページ(PDF)

 

小規模企業白書・中小企業白書には経営に役立つヒントがいっぱいです!

2018年版小規模企業白書

2018年版中小企業白書

株式会社蔵吉フーズHP

(出展募集!4/19まで)県産食材マッチング商談会2018

県秋田うまいもの販売課では、自社の定番商品・新商品や農産物等の新規販路開拓を模索している事業者等を対象として、県産食材マッチング商談会2018を秋田市及び東京都にてそれぞれ開催いたします。

県産食材を扱う河辺雄和商工会の事業者のみなさん!

県内外バイヤーとのマッチングをする機会となります。

奮ってご応募ください。

お問合せ、ご相談は河辺雄和商工会まで(TEL018-882-3523)

募集チラシ

募集チラシ(PDF)    出展申込書(WORD)

【申込期限】 平成30年4月19日(木)まで

【申  込  先】県秋田うまいもの販売課まるごと売込み班

【日     時】秋田市開催 平成30年7月12日(木)(募集数130ブース)

         東京都開催 平成31年1月11日(金)(募集数70ブース)

【出  展  料】1ブース  15,000円

「経営計画つくるくん」をご活用ください

slider00-01

ただいま平成29年度補正予算「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」(2/28~4/27)、「小規模事業者持続化補助金」(3/9~5/18)の公募中です

補助金の申請にはもちろん「経営計画」の策定が必要となります。

「補助事業に挑戦したいけど、どうやって経営計画を作成すれば良いかわからない」そんな事業者の皆さんに向けて、(独)中小企業基盤整備機構が開発した無料アプリが「経営計画つくるくん」です。

この「経営計画つくるくん」では、経営計画の作成経験がなくても、選択肢から選び、文字入力も最小限。ナント!最短わずか30分で経営計画が作ることができるんです。

そして、作成した計画はエクセル形式で出力することができるので、文字入力の容易なパソコンで経営計画の最終仕上げ、集計等も簡単にすることができるという優れもの。

補助事業への挑戦をお考えの方や自社の強みや弱み、課題点を確認して経営改善を図りたいとお考えの方新たな取り組みをお考えの方、そして、創業を考えている方にも大いにご活用いただける経営計画作成支援ツールです。

「経営計画つくるくん」で自社の現状を分析して将来の夢を実現しませんか?

まずは「経営計画つくるくん公式サイト」をご覧下さい。

スマホやタブレットPCをお持ちの方は「ホーム」の「今すぐインストールしたい方はこちらから」よりインストールできます。

「スマホやタブレットPCを持っていない」「持っているけど自信がない」「もう少し詳しく教えて欲しい」という方はぜひ商工会へご相談下さい。

flow2
flow3
bread

「コレアキ2018」飲食エリア出店募集開始(3/13~3/30)

「東北六魂祭」の理念を継承して開催しているイベント『これが秋田だ!食と芸能大祭典』では県内のグルメ飲食ブースを設けることが決定しました。

秋田の食、河辺雄和の食をアピールするとてもよい機会となります。

ぜひ出店してみませんか?

なお、出店申込にあたっては商工会の推薦が必要となるため、出店を希望される団体、個人の方は河辺雄和商工会へご相談ください。

【募集期間】平成30年3月13日(火)~3月30日(金)

【選考方法】実行委員会が選考基準に基づき選考する

【会  期】平成30年5月25日(金)~27日(日)※25日は前夜祭

【出店エリアと出店料】

 ①秋田駅前飲食エリア(秋田駅前大屋根広場・アゴラ広場)3日間

  出店日:平成30年5月25日(金)~27日(日)3日間

  募集数:35店

  小 間:間口3.6m×奥行2.7m

  出展料:108,000円

  詳 細:秋田駅前飲食エリア出店募集要項・申込書(PDF)

 ②広小路歩行者天国飲食エリア(広小路歩行者天国)2日間

  出店形態:移動販売車

  出店日:平成30年5月26日(土)~27日(日)

  出店数:3店

  出展料:無料

  詳 細:広小路歩行者天国飲食エリア出店募集要項・申込書(PDF)

コレアキ2018

【5/18締切】「小規模事業者持続化補助金」公募開始!

平成29年度補正予算・小規模事業者持続化補助金の公募が開始しました。

【募集期間】

平成30年3月9日(金)~5月18日(金)当日消印有効。

【申請書提出先・問い合わせ先】

秋田県商工会連合会

担当:経営企画部経営企画課(持続化補助金係)

住所:〒010-0923秋田市旭北錦町1-47秋田県商工会館4階

TEL:018-863-8493

【申込にあたって】

河辺雄和地域の商工業者の皆さまは河辺雄和商工会(TEL018-882-3523)にご相談ください。

商工会が経営計画、書類の確認などのご支援をいたします。

※締切までに余裕を持った日程でご相談ください。

※商工会会員、非会員を問わず、応募可能です。

【応募方法】

応募にあたっては、公募要領をご覧いただき、申請書様式により提出して下さい。

<ダウンロード書類>
H29補正持続化補助金_公募要領(秋田県商工会連合会)(PDF)

H29補正持続化補助金申請様式(Word)

H29補正持続化補助金に係る主な変更点等について

 

【小規模事業者持続化補助金とは】

持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者の地道な販路開拓等の取り組み(新たな市場への参入に向けた売り方の工夫や新たな顧客層の獲得に向けた商品の改良・開発等)や、地道な販路開拓等と併せて行う業務効率化(生産性向上)の取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。

小規模事業者(注1)が、商工会・商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3を補助します。

補助上限額:50万円

 

<小規模事業者とは>

「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社および個人事業主)」であり、常時使用する従業員の数が以下の事業者です。

業種名

常時使用する従業員数

卸売業・小売業・サービス業(宿泊業・娯楽業以外)

5人以下

製造業・宿泊業・娯楽業・その他

20人以下

<補助金額について>

補助対象経費75万円の支出の場合、その2/3の50万円を補助します。 

同様に、補助対象経費60万円の支出の場合は、その2/3の40万円が補助金額となります。

また、補助対象経費90万円の支出の場合には、その2/3は60万円となりますが、補助する金額は、補助上限額である50万円となります。

 <H28年度補正(一般型・追加公募)からの主な変更点>

■補助上限が100万円となる要件

H28補正(一般型)

H28補正(追加公募)

H29補正

(1) 従業員の賃金を引き上げる取り組み

追加公募では増額要件なし

(1)従業員の賃金を引き上げる取組(賃上げ後の確認期間6ヶ月から3か月に短縮)

(2) 雇用を増加させる経営計画に基づく取り組み

(3)買物弱者対策に取り組む事業

(2)買物弱者対策に取り組む事業

(4)海外展開に取り組む事業

(3)海外展開に取り組む事業

※H29補正は、H28補正一般型と比較して雇用を増加させる経営計画に基づく取組での増額要件がなくなりました。

 ■加点対象の取り組み

H29補正から追加された項目

(1)満60歳以上の代表者が行う事業承継に向けた取り組み

(2)事業承継計画を作成する取り組み(事業者の年齢制限等なし。全申請者とも様式2-2を提出した場合、申請書全体の内容と併せて審査対象)

(3)過疎地域の事業者(詳細は公募要領のP89をご確認ください。

(4)生産性向上の設備計画を実施する取り組み(市町村の固定資産税減免が必要条件)

(5)経営力向上計画の認定事業者(平成30年2月28日までの認定者のみ対象)

■補助対象について

項目

変更点

補助対象経費

(1)⑫設備処分費を新設(※)

補助対象外

(従来のルールからの厳格化も含む)

(2)銀行振り込みの厳格化(小切手・手形不可を明文化)

(3)SEO対策不可の明文化

(4)不動産取得不可の明文化

※詳しい条件については公募要領のP62をご確認ください。

 ■その他

変更点

(1)国の電子申請ルール化への準備として、様式1等の事業者情報記入欄のフォーマット変更

(2)補助対象者として、企業組合、協業組合を追加(名称だけでなく、正規に組合として設立されていること。法人番号必須。)

「ものづくり補助金」募集開始!(2/28~4/27)

平成29年度補正予算「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」の募集が開始されました。

「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」とは、国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための中小企業・小規模事業者設備投資等の一部を支援することを目的としています。

また、下記日時で公募説明会が開催されます(1事業者1名まで)。

【日  時】平成30年3月13日(火)  14:00~16:00

【会  場】ホテルメトロポリタン秋田

【参加申込】こちらからどうぞ

「ものづくり補助金」で生産性向上に取り組んでみませんか!

 

お問合せは

秋田県中小企業団体中央会(秋田県地域事務局・TEL018-874-9443 FAX018-874-9483)

ご相談は

河辺雄和商工会(TEL018-882-3523 FAX018-882-3774)まで

 

【公募要領等】

公募要領(PDF,83ページ)

応募申請様式(ものづくり技術)

応募申請様式(革新的サービス)

【公募期間】

平成30年2月28日(水)~平成30年4月27日(金)〔当日消印有効〕

【補助対象事業】

中小企業・小規模事業者が取り組む生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等の経費の一部を補助

【対象要件】

認定支援機関の全面バックアップを得た事業を行う中小企業・小規模事業者であり、下記の要件のいずれかに取り組むものであるもの。

①「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」で示された方法で行う革新的なサービスの創出・サービス提供プロセルの改善であり、3~5年で「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成できる計画であること。

または

②「中小ものづくり高度化法」に基づく特定ものづくり基盤技術を活用した革新的な試作品開発・生産プロセルの改善を行い、3~5年で「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成できる計画であること。

【事業の詳細】

 (1)企業間データ活用型

複数の中小企業・小規模事業者が、事業者間でデータ・情報を共有し、連携岱全体として新たな付加価値の創造や生産性の向上を図るプロジェクトを支援。

<補助率>3分の2

<補助上限額>1社あたり1,000万円、連携体10者まで。

※さらに200万円×連携体参加数を上限額に連携体内で分配可能。

(2)一般型

中小企業・小規模事業者が行う革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援。

<補助率>2分の1(但し、一定の要件を満たす場合は3分の2)

<補助上限額>1,000万円

(3)小規模型

小規模な額で中小企業・小規模事業者が行う革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を支援。(設備投資を伴わない試作開発等も支援)

<補助率>小規模事業者3分の2その他2分の1

<補助上限額>500万円

(4)共通

生産性向上に資する専門家を活用する場合、補助上限額30万円アップ。

あなたの貯蓄をスマートにサポート!

河辺雄和商工会のホームページをご覧の皆様、いつもありがとうございます。

今回は、スマートに貯蓄できる、「商工貯蓄共済」のご案内です。

「商工貯蓄共済」とは、「貯蓄」「生命保障」「融資斡旋」の3つの機能を持った共済です。年齢に関係なく2,000円単位の掛金で加入できます。6歳の方でも2,000円。65歳の方でも2,000円。 年齢によって掛金が変わりませんので、スマートに貯蓄できると思いませんか?

 

(貯蓄) 最大で毎月30,000円まで加入できますので、思いっきり貯蓄したいとお考えの方にもおすすめです。また、積立金は1年経過ごとに年0.35%の利率で計算されますので、増える喜びもドカンと大きい!

(生命保障) 被共済者の方が万が一死亡した場合、余命6ヶ月と判断された場合、所定の後遺障害状態になった場合は、加入時年齢に応じた共済金が支払われます。

(融資斡旋) 積立金をもとに、事業資金・生活資金の融資もご利用できます。(秋田県内の取扱金融機関の審査があります。)

 

さまざまなシーンで必要になる「お金」は、商工会の「商工貯蓄共済」でスマートに貯蓄しませんか。

「商工貯蓄共済」は、10年満期タイプ(基本型)、5年満期タイプ(短期満期型)、万が一の共済金支払いをメインにしたタイプ(保障重視型)の3つがありますので、加入時に選択できます。本会では10年満期タイプにご加入されている方が多いですよ。 「急に資金が必要になった」という時には、解約しなくても、積み立ての一部(というか大部分)を払い出すこともできます。お金の使い道を確認することはございませんので、お気軽にお願いします!

毎月10,000円以上(5口以上)ご加入の方には、人間ドッグ費用を最大15,000円助成するシステムもあり、健康管理もスマートにサポート!

下記もご参照のうえ、ご検討のほどお願いいたします。

 

商工貯蓄共済とは?(パンフレット)

満期時の積み立て予想額(短期満期型、基本型)

満期時の積み立て予想額(保障重視型)

河辺雄和商工会報№45(2018.1月号)を掲載しました。

「河辺雄和商工会報№45」を掲載しました。

 下記よりお進みいただき、ご覧ください。

 また、過去の会報も掲載しておりますので、併せてご覧ください。

商工会報ページ ← こちらをクリックしてお進みください。

1/10「新春のつどい」開催します!


平成30年1月10日(水)会員交流事業として「平成30年新春のつどい」を開催します。

会員企業内の新年の交流を兼ねて、従業員やご家族の方々にもぜひご参加いただき

新しい年をお祝いしましょう!

第1部は「経営講習会」として、会員事業所による事例紹介基調講演があります。

事例紹介では集客の工夫を続ける会員事業所「前向きな取組」事例をご紹介します。

基調講演では「阪神淡路大震災の教訓!『被災経営者が語る事業承継・事業再生はプラス思考』」と題して、 ㈱アテーナソリューション 代表取締役 立石裕明氏よりご講演をいただきます。

日本企業の約85%を占める小規模事業者に光を当てた「小規模企業振興基本法」の立案に直接携わり、小規模事業者持続化補助金の生みの親とも言われている立石氏。

立石氏は小規模事業者の未来のために日々奔走し、全国の多くの経営者、商工会職員、青年部員に「一歩を踏み出す勇気」を与えています。

そんな立石氏より、真の経営者となるための生き抜く力、そして、小規模事業者の未来のために必要なことを「被災」「事業承継」「事業再生」など、ご自身の体験を交えて本気で熱く語っていただきます。

講演後にはきっと「その一歩踏み出してみよう!」と思うはず。

ご参加お待ちしております。

【新春のつどい】

日  時:平成30年1月30日(水)15:00~

会  場:秋田県森林交流館「プラザクリプトン」 (秋田市河辺戸島字上祭沢38-4)

懇親会費:お一人様3,000円(第2部に参加する方のみ)

<第1部>15:00~16:30

(1)事例紹介

①「補助金を活用した情報発信」

   ㈲河辺ドライブイン  代表取締役  曽我  雅也 氏

②「地域の拠点エリアを目指した経営革新」

   佐伊商店 代表 佐藤  三男 氏

(2)基調講演

「阪神大震災の教訓!被災経営者が語る事業承継・事業再生はプラス思考」

 ㈱アテーナソリューション  代表取締役  立石 裕明 氏

 

第1部では本会以外の商工会役職員、青年部員、女性部員などにもご聴講いただけます。

全国各地で会場を感動の渦に巻き込む立石先生の本気で熱いお話を聴講できる絶好のチャンスです!

参加を希望される方は河辺雄和商工会(TEL018-882-3523)までご連絡を。

※第1部は入場無料です。

 

<第2部>16:50~19:00

新春のつどい

【レジ補助金】軽減税率対策補助金の事業完了期限延長!

 消費税の軽減税率制度は、平成31年10月1日から実施されます。

中小企業・小規模事業者の方々に軽減税率実施への対応を円滑に進めていただくため、軽減税率対策補助金の申請受付期限は平成30年1月31日でしたが平成31年10月1日から始まる消費税軽減税率制度に対応するため、補助事業の完了期限が以下のとおり延長されます。

(現 行) 平成30年1月31日までに申請

(変更後) 平成31年9月30日までに事業完了

なお、上記は補助事業完了に関するものであり、補助金の申請受付期限については上記の事業完了期限に合わせて設定されます。

具体的な時期については、後日、軽減税率対策補助金事務局および中小企業庁ホームページにおいて公表されます。

【軽減税率対策補助金(中小企業・小規模事業者等消費税軽減税率対策補助金)って?】

消費税軽減税率制度(複数税率)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者の方々が、複数税率対応レジの導入や受発注システムの改修などを行うにあたり、その経費の一部を補助する制度です。

<軽減税率対策補助金HP>

http://kzt-hojo.jp/

あきたの元気を創造するでんき『あきたEネ!』が始まります

秋田県が発電した水力発電の電気を活用し、東北電力㈱が電力供給メニュー『あきたEネ!』により、割安な電気を供給します。

職場環境改善や経営基盤強化などに取り組む、がんばる県内中小企業等を応援することで、元気なあきたの創造を目指します。

 

【『あきたEネ!』の概要】

・供給可能量: 約4.44億キロワットアワー/年(上限)

・供給期間: 平成30年4月1日~平成32年3月31日(最長2年間)

・割引率: 5%(電力量料金単価の割引)

・適用対象

(1)新規立地企業等 誘致認定等を受けた県内事業所のうち、H29.9.29以降に、新増設によ る操業を開始する事業所

※契約電力・・・・50~2,000kW未満(東北電力㈱との契約)

(2)県内中小企業中小企業(製造業) 中小企業のうち、製造業に該当する企業の県内事業所

※契約電力・・・・50~500kW未満(東北電力㈱との契約)

 

【応募方法】

(申請書類)

県公営企業課のホームページからダウンロードしてください。 http://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/29860

※あきたEネで検索

(申込方法)

申請書類一式を、県公営企業課に郵送してください。

(受付期間)

平成29年11月20日(月)~12月28日(木)必着

※ 新規立地企業等は、平成31年2月28日(木)まで受付。

(適用決定)

申請書類や取組実施計画書の内容等を審査し、供給可能量の範囲内で、適用する事業所を決定します。

【送付先】

秋田県産業労働部公営企業課「あきたEネ!」受付係

【問い合わせ先】

〒010-8572 秋田市山王三丁目1番1号秋田県庁第二庁舎6階

電話018-860-5012/FAX 018-860-5824

E-mail:koueikigyou@pref.akita.lg.jp

河辺雄和商工会報№44(2017.11月号)を掲載しました。

「河辺雄和商工会報№44」を掲載しました。

 下記よりお進みいただき、ご覧ください。

 また、過去の会報も掲載しておりますので、併せてご覧ください。

商工会報ページ ← こちらをクリックしてお進みください。

消費税率改定を、チャンスに変えませんか!

平成31年10月より、消費税率が8%から10%へ改定されます。

また、同時に、消費税の軽減税率制度が実施されます。

「税率引上げは2年後。まだ時間もあるし…」ではなく、早期の備えで消費税率改定を、ビジネスチャンスに変えてみませんか?

そこで商工会では消費税軽減税率対応講習会を下記のとおり開催いたします。男鹿市商工会・潟上市商工会・湖東3町商工会そして河辺雄和商工会が事業承継、軽減税率制度、経営革新、軽減税率対策補助金など、多様な内容で開催いたしますので、参加を希望される方は添付の申込書にご記入の上お申し込みください。

なお、河辺雄和商工会では8/299/28の2回「事業承継(消費税の取扱等)と経営革新について」をテーマに開催いたします。

(事業承継)事業承継の消費税の納税義務や特例を学んで、円滑な事業承継に備えましょう。

(経営革新)消費税率改定をビジネスチャンスとして捉え、売上増加に結び付けるために経営革新に取り組みましょう。

 

 

★テーマ・開催日・開催場所など★

1.事業承継(消費税の取扱等)と経営革新について

  主催:河辺雄和商工会

  日時:平成29年8月29日(火)16時~17時

  会場:ユフォーレ(秋田市河辺) 

  講師:尾形昂税理士

 

2.消費税10%引き上げ・軽減税率導入対策セミナー

  終了後30分程、軽減税率対策補助金について

  主催:湖東3町商工会

  日時:平成29年9月21日(木)14時~16時

  会場:えきまえ交流館はちパル(八郎潟町)

  講師:鈴木典男税理士

    

3.事業承継(消費税の取扱等)と経営革新について

  主催:河辺雄和商工会

  日時:平成29年9月28日(木)16時~17時

  会場:ユアシス(秋田市雄和) 

  講師:尾形昂税理士

 

 4.消費税複数税率(8%及び10%)への対応について

   ~軽減税率制度 概要及びQ&A~

  主催:男鹿市商工会

  日時:平成29年11月7日(火)14時~15時30分

  会場:男鹿市商工会館(男鹿市船川) 

  講師:小松豊税理士

 

5.消費税軽減税率対策セミナー 税率10%と軽減税率にそなえる

  主催:潟上市商工会

  日時:平成29年11月21日(火)10時30分~12時

  会場:潟上市商工会本所(潟上市昭和)

   講師:鈴木典男税理士

 

 詳しくは別添受講申込書をご覧下さい。

 商工会行事等により日程が変更になる場合もありますのでご了承下さい。

 

 受講申込書はこちら

【秋田市が指定地域に】セーフティネット保証4号(7/22からの大雨に係る災害)

経済産業省は平成29年7月22日からの大雨に係る災害に関し、既にセーフティネット保証4号を指定している秋田県大仙市に加えて、秋田市及び横手市を対象とする旨発表しました。

これにより、秋田市河辺雄和商工会管内の中小企業者の資金繰りが一般保証とは別枠の100%保証で支援されることとなりました。

【セーフティネット保証4号の概要】

1.制度概要

○自然災害等の突発的事由(噴火、地震、台風等)により経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で保証(100%保証)を行う制度。

2.災害の指定基準

(1)災害の発生に起因して、多数の中小企業・小規模事業者が直接又は間接的に被害を受け、又は受けるおそれが生じたとして都道府県から指定の要請があった場合であって、国として指定する必要があると認めるとき

(2)災害救助法が適用された災害及び地域

 

3.対象中小企業者

(イ)指定地域において1年間以上継続して事業を行っていること。

(ロ)災害の発生に起因して、当該災害の影響を受けた後、原則として最近1か月の売上高等が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること。

(売上高等の減少について、市区町村長の認定が必要)

 

4.内容(保証条件)

①対象資金:経営安定資金

②保証割合:100%保証

③保証限度額:無担保8,000万円、普通2億円(別枠)

④保証人:原則第三者保証人は不要

 

「経済産業省」の掲載ページ

平成29年7月22日からの大雨に係る災害に関してセーフティネット保証4号の指定地域を拡大します

 

この度の大雨により直接的または間接的に被害を受けられた中小企業者の方で、資金調達をお考えの方は商工会へご相談ください。

 

【ご相談は商工会へ】

河辺雄和商工会

〒019-2601 秋田市河辺和田字上中野176-3

TEL 018-882-3523/FAX 018-882-3774

(平成29年8月10日掲載)

【秋田県制度融資】大雨災害復旧特別融資のお知らせ

秋田県では平成29年7月22日から23日の大雨により被害を受けた中小企業者を県制度融資で支援しています。

この度の大雨により直接的または間接的に被害を受けられた中小企業者の方で、資金調達をお考えの方は商工会へご相談ください。

1.資金名

 中小企業災害復旧資金 (平成29年7月22日から23日の大雨災害復旧特別融資)

2.融資対象者

 秋田県信用保証協会の保証を受けられる秋田県内の中小企業者で7月22日からの大雨による被害を受けられた方。

  申込にあたっては、最寄りの県制度融資取扱金融機関または商工団体(秋田県中小企業団体中央会、各地区商工会議所、各地区商工会)へご相談ください。

 ※申請には、秋田県中小企業団体中央会、最寄りの各地区商工会議所、各地区商工会が発行する「被害状況確認書」が必要となります。

3.取扱期間

   平成29年8月1日~平成29年12月28日

4.融資条件

   (1)融資限度額 3,000万円

   (2)融資利率  年1.20%

   (3)保証料率  年0%

   (4)資金使途  運転資金、設備資金 (直接的な被害に加え、間接的被害も対象)

   (5)貸付期間  10年(うち据置期間2年以内

 

■「美の国あきたネット」への掲載ページ

中小企業災害復旧資金(平成29年7月22日から23日の大雨災害復旧特別融資)

■秋田県 産業労働部 産業政策課 TEL:018-860-2215/FAX:018-860-3887

 

【ご相談は商工会へ】

河辺雄和商工会

〒019-2601 秋田市河辺和田字上中野176-3

TEL 018-882-3523/FAX 018-882-3774

(平成29年8月3日掲載)

秋田市の災害救済制度について

秋田市では災害で被害を受けた方に対する救済措置としての各種制度があります。

罹災(被害)証明書の発行の仕方市・県民税軽減措置など秋田市ホームページでは制度の種類や問い合わせ先が一覧で確認することができます。

秋田市ホームページ ← コチラからどうぞ

また、この度の大雨による被害について公的な支援を受ける際は「罹災(被害)証明書」が必要となります。

「罹災(被害)証明書」の発行方法は下記のとおりです。

ご参照いただき、証明書発行にお役立てください。

今回の大雨被害の証明書は床上・床下浸水いずれの場合も「被害証明書」の発行となりますのでご注意ください。(罹災証明書は「災害対策本部」が設置された時の発行されるものです)

 

【罹災(被害)証明書等の発行】

<内容>

地震、風水害、雪害等の自然災害による家屋の被害および落雷等による家電製品等が被害を受けた場合に、その事実の証明や被害状況の届出を証明します。

<添付書類>

被害証明書交付申請書(今回の大雨被害は「被害証明書」の発行になります)

被害届出証明書交付申請書(被害証明対象外の場合に発行するもの)

・所有者以外の方が申請する場合は委任状

・身分証明書(運転免許証、健康保険証など、本人確認ができるもの)

・写真又は修理等見積書

・落雷による被害の場合は修理業者の証明書等

<備考>

・証明書交付申請期限は概ね6カ月程度(若干の期間延長の可能性があります)

・証明書の発行は受付後10日以内(天災時変やその他やむを得ない事由がある場合は除く)

・郵送を希望される場合は、郵送に必要な切手をご用意願います。

・被災から時間が経過し、すでに建物を修繕するなどして被害の程度が確認できない場合や、ガラスの破損などの軽微な損害は証明できないことがあります。

・被害証明書交付申請および被害届出証明書交付申請は秋田市総務部防災安全対策課に申請してください。

・市民サービスセンターへの提出も可能です。

(河辺市民サービスセンター018-882-5221・雄和市民サービスセンター018-886-5511)

・罹災証明書交付申請は、秋田市企画財政部資産税課に申請して下さい(災害対策本部設置時)

<問い合わせ>

秋田市総務部防災安全対策課 018-888-5434

【その他】※内容は秋田市ホームページよりご確認ください

市・県民税の減措置/固定資産税の減免/国民健康保険税の減免/国民年金保険料申請免除制度/国民健康保険一部負担免除制度/母子父子寡婦福祉資金貸付金(住宅資金)/一般廃棄物の処理手数料の減免災害対策関連制度資金/秋田市災害見舞金/水道料金および下水道使用料(農業集落排水施設使用料、個別排水処理施設使用料を含む)の減免

(平成29725日掲載)

(平成29年7月26日更新)

「大雨被害相談窓口」を設置しました

7月22日から23日にかけて、県内各地で記録的な大雨による被害が発生しました。

秋田市河辺・雄和地区においても床下・床上浸水、冠水、道路崩落、土砂崩れなど甚大な被害を受けており、今もなお復旧作業等に追われている方が多くいらっしゃいます。

被災された皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

河辺雄和商工会では被害状況の把握はもとより、経営活動に支障をきたしている皆様を支援するための相談窓口を設置いたしましたのでお知らせいたします。

一日も早い復旧に向け、災害復旧資金に関することなど、経営安定相談への対応を強化することとしておりますので、必要に応じ河辺雄和商工会まで御相談ください

 

河辺雄和商工会

〒019-2601 秋田市河辺和田字上中野176-3

TEL:018-882-3523

FAX:018-882-3774

(平成29年7月25日掲載)

河辺雄和商工会報№43(2017.7月号)を掲載しました!

 「河辺雄和商工会報№43」を掲載しました。

 下記よりお進みいただき、ご覧ください。

 また、過去の会報も掲載しておりますので、併せてご覧ください。

商工会報ページ ← こちらをクリックしてお進みください。

【7/26】親子で取り組む!事業承継セミナー開催(参加費無料)

7月26日(水)、計画的且つ円滑な事業承継の実現に向けた「親子で取り組む事業承継セミナー」が開催されます。

主催は秋田県商工会連合会参加費無料

「事業承継」の必要性を感じながらも、「これからどうしていいかイメージがわかない」「これから考えたい」そんな方にはとくにおすすめいたします。

今回は、全国で数多くの事業承継支援実績のある講師を招き開催されますので

これからの方向性がはっきり見える!

計画が立てやすい!

親子二代で事業を強く推進できる!

内容になっています。

ぜひこの機会に、経営者・後継者のお二人でご参加ください。

お申し込みは申込書(PDF)をFAXまたはお電話にて。

290726事業承継セミナーチラシ表

【開催日・内容】

日 時:平成29年7月26日(水) 13:30~16:00

テーマ:親子で取り組む事業承継

個別相談:16時より個別相談が可能ですので、お申込みください。

講 師: 横田  透  氏(つくば未来経営コンサルティング事務所 代表)

会 場: 秋田ビューホテル(秋田市中通2-6-1)

参加費: 無料

主 催: 秋田県商工会連合会

申込み: FAX(018-882-3774)またはお電話(018-882-3523)にて

                 ※FAXの場合はPDFをダウンロード・印刷し、ご記入のうえお送りください。

申込締切: 平成29年7月19日(水)

親子で取り組む!事業承継セミナー ← 申込書(PDF)はコチラ

(平成29年7月7日掲載)

【8/1・7】販路拡大セミナー「商談に勝つ!!」開催(無料)

来る8月1日(火)、7日(月)2日間、販路拡大セミナー「商談に勝つ!!が開催されます。

主催は湖東3町商工会参加費無料

自社商品やサービスの魅力を向上させるヒントや商談の成約率を上げるためのコミュニケーションの方法を実績あるプロ講師から学び、販路拡大に必要な「商談に勝つチカラ」をその手にしませんか?

8月1火)「チラシでまとめる魅力アップ術」

8月7日(月)「動画で伝える商談営業術」

2日間で自社商品の魅力を高め、その魅力と思いの伝え方を学ぶことができます。

お申し込みは申込書(PDF)をFAXまたはお電話にて。

29080107販路拡大セミナー(HP用)

【開催日・内容】

第1回:平成2981日(火)14001600

      テーマ「商品の魅力を高める『チラシでまとめる魅力アップ術』」

第2回:平成2987日(月) 14001600

      テーマ「魅力と思いを伝える『動画で伝える商談営業術』」

講 師:渋 谷  雄 大 氏(ジャイロ総合コンサルティング㈱)

会 場:湖東3町商工会 八郎潟事務所(南秋田郡八郎潟町一日市399-4

参加費:無料

主 催:湖東3町商工会

申込み:FAX018-882-3774)またはお電話(018-882-3523)にて

    ※FAXの場合はPDFをダウンロード・印刷いただき、ご記入のうえお送りください。

締 切:平成29725日(火)

29080107販路拡大セミナー←申込書(PDF)はコチラ

(平成29年7月6日掲載)

最優秀賞!岡部副事務局長 第3回経営支援事例発表秋田県大会

6月13日(火)、秋田県商工会連合会・秋田県商工会職員協議会が主催する「第3回経営支援事例発表秋田県大会」がホテルメトロポリタン秋田で開催。

本会の岡部副事務局長最優秀賞を受賞しました!

大会は「商工会創生プラン」の基本理念である「事業者第一」の精神に基づき、全県商工会の事務局長及び経営指導員が小規模事業者支援事例を共有化し、更なる個社支援充実策を模索することを目的に開催。

岡部副事務局長は約1年に亘る伴走支援により見事、事業承継を果たした㈱蔵吉フーズ(代表取締役 藤田正仁 氏)「第三者承継(M&A)」の事例を発表しました。

近年、経営者の高齢化、後継者不足による事業承継問題が注目されており、商工会には事業者を「守りきる」「潰さない」ための円滑な事業承継の後押し、支援が求められています。

そのような中において、岡部副事務局長が支援した「第三者承継」の事例は私たち商工会職員が今後、最も参考にするべきものであり、支援のきっかけや具体的な取り組み、支援からの気付きとしての「事業承継で最も重要なこと」などの発表内容に参加者を引き込みました。

審査員からはこれから最も重要になってくる支援への先進的な取り組み同一地域での承継商工会だからこそできる支援商工会でなければできない支援と高く評価されました。

河辺雄和商工会では昨年度受賞した藤田主査に続く2年連続の最優秀賞受賞となり、本会の支援レベルの高さは確信あるものとなりました。

岡部副事務局長は10月4日(水)に青森県三沢市で開催される東北ブロック大会に出場し、全国大会を目指します!

発表する岡部副事務局長
見事、最優秀賞受賞!
発表者&審査員の皆様

 

「文化財イラストマップ秋田市河辺地区編」ができました!

秋田市観光文化スポーツ部文化振興課では、秋田市の文化財や文化施設の情報、まちの文化・歴史情報、食事処・カフェ・買い物ができる場所などの情報を盛り込んだ、「見て楽しい、歩いて楽しい」イラストマップを平成21年度より作成しています。

公募で集まった市民の皆さんと、実際にまちを歩いて集めた情報を基に、地域の文化財や文化施設をもっと身近に感じてもらおうと、親しみやすいイラストでマップにしています。

平成28年度は河辺地区編が実施され平成29年4月にマップが完成しました!

「こんなのがあったんだ!」「あれはそういう意味だったんだ!」と、私たち職員も河辺の魅力を再発見しながら楽しんでおります。

マップは商工会にもありますので、河辺の方もそうでない方も興味がある方はぜひ商工会にいらしてください。

尚、今年度は雄和地区編です。

6月4日、11日、24日の3日間、雄和市民サービスセンターを会場にワークショップが開催されます(11日は「まちあるき」をします)。

雄和を見たい!雄和を知りたい!地元の魅力を再発見したい!マップづくりに関わってみたい!方はぜひ参加してみませんか?

【お申し込み】

秋田市観光文化スポーツ部 文化振興課までお電話018-888-5607 (先着20名)

「文化財イラストマップ河辺地区編」はコチラから

「雄和編ワークショップチラシ」はコチラから

【お知らせ】5/23通常総会開催のため事務所閉所します

河辺雄和商工会は平成29年度通常総会のため下記日時で事務所閉所となりますのでご了承ください。

尚、緊急のご連絡がある方は下記連絡先までお願いいたします。

 <事務所閉所について>

 ■平成29523日(火) 1500

 ■河辺雄和商工会「平成29年度通常総会」開催のため

 ■緊急連絡先:プラサクリプトン 018-882-4811

【5/31締切】「小規模事業者持続化補助金」追加公募中!

平成28年度第2次補正予算・小規模事業者持続化補助金<追加公募分>の公募中です。

【募集期間】

平成29414日(金)~531日(水)当日消印有効。

【申請書提出先・問い合わせ先】

秋田県商工会連合会

担当:経営企画部経営企画課(持続化補助金係)

住所:〒010-0923秋田市旭北錦町1-47秋田県商工会館4階

TEL:018-863-8493

【申込にあたって】

河辺雄和地域の商工業者のみなさまは、河辺雄和商工会にご相談ください。

商工会が経営計画、書類の確認などのご支援をいたします。

※締切までに余裕を持った日程でご相談ください。

※商工会会員、非会員を問わず、応募可能です。

【小規模事業者持続化補助金とは】

持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者の地道な販路開拓等の取り組み(新たな市場への参入に向けた売り方の工夫や新たな顧客層の獲得に向けた商品の改良・開発等)や、地道な販路開拓等と併せて行う業務効率化(生産性向上)の取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。

小規模事業者(注1)が、商工会・商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3を補助します。補助上限額:50万円

 <小規模事業者とは>

「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会 社および個人事業主)」であり、常時使用する従業員の数が以下の事業者です。

業種名

常時使用する従業員数

卸売業・小売業・サービス業(宿泊業・娯楽業以外)

5人以下

製造業・宿泊業・娯楽業・その他

20人以下

 

<補助金額について>

補助対象経費75万円の支出の場合、その2/3の50万円を補助します。 

同様に、補助対象経費60万円の支出の場合は、その2/3の40万円が補助金額となります。また、補助対象経費90万円の支出の場合には、その2/3は60万円となりますが、補助する金額は、補助上限額である50万

円となります。

<補助上限額の引き上げについて>

今回の追加公募では、【一般型】(平成28年11月4日公募開始)のような、「補助上限額100万円への引き上げ」はありません。

なお、例外的に車両購入費が補助対象経費として認められる「買物弱者対策の取り組み」についても、補助上限額50万円として実施されます。

<共同事業の応募について>

原則として、個社の取り組みが対象ですが、複数の小規模事業者が連携し て取り組む共同事業も応募可能です。その際には、補助上限額が100万円~500万円となります(連携する小規模事業者数により異なります)。

<満60歳以上の代表者の方へ>
なお、本追加公募においては、小規模事業者の事業承継に向けた早期・計画的な取組を後押しするため、代表者が60歳以上である場合には事業承継診断票(※)を提出していただくとともに、後継者候補が中心となって取り組む事業重点的に支援します。

【応募方法】

応募にあたっては、公募要領をご覧いただき、申請書様式により提出して 下さい。

 <ダウンロード書類>


 1.<追加公募分>【公募要領】H28第2次補正予算小規模事業者持化補助金(PDF)
 2.<追加公募分>【申請様式】H28第2次補正予算小規模事業者持続化補助金(Word)

  ※応募の際は、必ず本申請様式(Word)を使用してください。

「ヘアメークおれんじ」三浦香代子さん(河辺)経済産業省で堂々発表

  4月21日(金)中小企業庁主催「小規模事業者持続化補助金成果事例発表会」において、秋田市河辺の美容院「ヘアメークおれんじ」三浦香代子さんが本会藤田千佳子主査とともに登壇し補助金活用の成果事例を発表しました。

経済産業省本館地下2階(東京都千代田区霞が関)を会場に全国の商工会・商工会議所の経営指導員、同補助金に採択された事業者など350名が参加。

三浦さんは「小規模事業者持続化補助金」の採択を受け看板設置、チラシ・カード類の作成、美容機器を導入し、商工会の支援を受けながら販路開拓に取り組み、売上倍増を果たしました。

補助金申請のきっかけや現状分析、具体的な取り組み内容、成果内容、取り組みから得られた気づきなど堂々発表されました。

松村経済産業副大臣のご挨拶 350名を前に

 

本会、藤田主査 堂々発表の三浦さん発表

 

パネルディスカッションでも 入口前で記念撮影

【お知らせ】

只今、「小規模事業者持続化補助金」は追加公募中です。締切は5月31日(水)

商工会では会員、商工業者のみなさまを伴走型でご支援いたします。

地道な販路開拓をお考えの方、販路開拓と併せて業務効率化を図りたい方、

事業承継をお考えの満60歳以上の方で後継者候補の方を中心とした

販路開拓に取り組みたい方は商工会にご相談ください。

商工会とは

商工会は地域に密着した唯一の総合経済団体です。

河辺雄和商工会は、平成16年4月に旧河辺町商工会と旧雄和町商工会が合併し誕生しました。

商工会は、主に小規模企業者の経営の総合的支援と、元気のある地域づくりのため、様々な活動をしております。

PDF 商工会についてもっと詳しく

 

青年部・女性部が河辺雄和地区を動画でPR

 この度、商工会青年部・女性部組織化50周年を迎え、記念事業「絆・動画キャラバン」として、全国一斉に動画が作成されました。

 この動画では、全国に所属する各商工会青年部・女性部の活動やその地域の食材、伝統行事などをリレー形式で紹介し、全員が”絆”でつながっていることを表しています。

 YouTube内に『商工会青年部・女性部全国組織化50周年記念事業「絆・動画キャラバン」』と専用チャンネルがあり、当会の動画は秋田県リストの3番目に出てきますので、ぜひご覧ください!!

 

○『商工会青年部・女性部全国組織化50周年記念事業「絆・動画キャラバン」』

 YouTube内専用チャンネル

 河辺雄和商工会青年部・女性部動画

(平成28年11月4日掲載)

観光パンフレット「芸術の里を巡る! ちょいなび 河辺雄和」完成

~「芸術の里」パンフ VOL.2完成しました!!~

 

 昨年製作しました、観光パンフレット「芸術の里を巡る!ちょいなび河辺雄和」。好評につき第2弾を製作しました。

 芸術家2名の他、追加情報を盛り込んでおりますので、是非ご覧いただき河辺雄和地区へお越しください。

 

01

 

観光パンフレットはこちら ☞ 『芸術の里を巡る!ちょいなび河辺雄和 VOL.2』

※平成27年9月時点での情報です。

(平成27年11月6日)

~「芸術の里」パンフで紹介/秋田魁新聞に掲載~

 

 当会で平成25年度から取り組んでいる「芸術の里かわべゆうわ」プロジェクト。芸術家を当地に呼び込み地域活性化を目指しています。この度観光パンフレット「芸術の里を巡る! ちょいなび 河辺雄和」を製作しました。当地域で活動している芸術家8人の紹介や、体験教室情報。とっておきのおすすめ観光スポット情報。絶対食べたい特産品やおすすめ飲食店情報など内容も盛りだくさん。こちらのパンフレットは秋田市内、河辺雄和地域各所で入手いただけます。是非一度お手に取っていただき、河辺雄和へお越しください。

pamphlet01

 観光パンフレット(PDF)はこちら 

        ☞ 「芸術の里を巡る! ちょいなび河辺雄和」※平成26年9月時点での情報です。

 

「ちょいなび 河辺雄和」パンフレット設置場所】

   ・秋田観光コンベンション協会        ・秋田駅観光案内所

   ・秋田市民交流プラザ「アルヴェ」      ・にぎわい交流館AU

   ・河辺、雄和市民センター           ・秋田空港

   ・秋田銀行河辺支店、雄和支店       ・北都銀行河辺支店

   ・国際教養大学

 他にも河辺雄和地域各所に設置しておりますが、在庫切れ等で入手できない場合は当会まで連絡・お問い合わせください。

       【お問い合わせ】 河辺雄和商工会 ℡ 018-882-3523

 

(平成26年10月9日掲載)

 

◆パンフレット完成◆

「芸術の里かわべゆうわ」のパンフレットが完成しました。観光情報や施設、アーティスト紹介など河辺雄和地域の魅力ある情報で満載です。

   【PDF】 artists village guide

 ※平成27年現在、へそ公園にローラー滑り台はありません。(3ページ目)

まるごとJANGO河辺雄和

河辺雄和商工会へのお問い合わせ、アクセスについて

【河辺雄和商工会】

 〒019-2601 秋田県秋田市河辺和田上中野176-3
 018-882-3523
 018-882-3774

お問い合わせはこちらから
【河辺雄和商工会】までのアクセス

● 車で 





秋田空港から8.5km、10分 
秋田南ICから3.9km、5分 
秋田駅から高速利用16.4km、20分
秋田駅から13号線利用17.6km、30分
四ツ小屋駅から8.5km、15分

● JRで 


秋田駅から和田駅まで12分
JR奥羽本線(秋田駅から2つ目)

●飛行機で 羽田空港から秋田空港まで60分